2011年03月08日

Home Science

こんにちは!香澄です!!

もう3月になってしまいました。
実はゴア留学のプログラムは2月21日をもって終了しましたもうやだ〜(悲しい顔)
とっても寂しいかぎりです雨
ですが!2月中に、いろいろとあったのでブログの更新を続けていきたいと思います!!

2月7日〜11日までHome Science college に通いました。
そこでは、インドの料理を始め、伝統的な織物やインドの慣習について学びました。
講義ではなく、実際に自分たちで体験してみるというのは、インドを知るのにとても効果的だと改めて思いました。
まずは、お料理レストランぴかぴか(新しい)

IMG_3722.JPG
みなさんが想像している通り、インドといえばカレー!ですが、カレーしかないわけではありません!!
この写真でひろとけんさんが作っているのはインド版スイートポテト。日本で食べるものとは全然違うのです。ナッツやココナッツをふんだんに使います。甘くてとっても美味しいです。
IMG_3752.JPG
この日作ったのは、インドの代表的なお料理の数々。
*カトレット(コロッケに似たようなもの)
*マサラ チキン(パクチーをふんだんに使います)
*ダル(豆カレー)
*スイートポテト(成形後揚げます)
2回目の調理実習では...
*チキン ビリヤーニ(チキンの炊き込みご飯のようなもの)  
*プーリー (揚げパン)
*パニールマサラ(チーズカレー)               
*アル― パラタ(ポテト入り薄焼きパン)
*ブレッド パコラ(パンにチャットニーを塗って揚げたもの)
*グラブ ジャムーン(インドのスイーツひらめき甘すぎなので要注意)
こういったお料理をHome science collegeの学生さんたちと一緒に作りました。(実際はお手伝い)
インドのお料理にはやっぱりたくさんのスパイスと油を使います。とても癖のある味なので、最初は慣れなかったけれど、ハマってしまえば、抜け出せなくなる味ですね。私と桃子のお気に入りはパニールマサラ黒ハートこれは美味しい!!インドに行った際はぜひご賞味あれぴかぴか(新しい)

インドの伝統的な織物の授業では、実際に自分たちでお裁縫をしたり、絞り染めを体験しました。
インド国内でもそれぞれの州でそれぞれ違った織物のデザインを持っています。今回は西ベンガル州の刺繍のデザインに挑戦してみました。それから、パンジャブ州の伝統的なデザインは絞り染め。
IMG_3886.JPG
私たちもスカーフを自分なりのデザインで染めてみました!!この世界にたった1つの自分オリジナルのスカーフを作ることができましたぴかぴか(新しい)

インドの慣習を学ぶ授業では、学生さんたちが私たちに「インドの結婚式」のデモンストレーションをしてくれました。
ヒンドゥー教の結婚式ではどういった儀式をするのかなどということを説明してくれて、実際に衣装を着て、私たちも結婚式の参列者という形で参加しました晴れ
IMG_3821.JPG
ヒンドゥー教の結婚式は長くて3日かかるそうです。地域によって結婚式のやり方や長さ、儀式の違いなどがあるそうです。
結婚式やおめでたい席のときに、女性はへナで手にデザインをします。このへナのデザインはとても緻密でカワイイのです黒ハート
IMG_3830.JPG
これは、左からまりあちゃん、私、しゅうの手。へナは普通 ladys only!
学生さんたちがやってくれましたかわいい やってくれた学生さんたちはみんな学校で教わるのではなく、家で独学でデザインを練習するのだそうです。

Home Science Collegeの最終日には私たちが、インド人の学生さんたちや先生たちに日本の文化を紹介しました。浴衣を着て、日本の伝統的衣装として説明しました。さらに、日本の伝統的な文化として折り紙を紹介しました。折り紙はインド人にとっては馴染みのないものらしく、とてもウケてもらえたみたいで良かったです。
IMG_3976.JPG
まりなは、日本の武道として得意の空手を披露してくれました。まりなのパフォーマンスにはインド人はもちろん、私たちも圧倒されましたどんっ(衝撃)
最後に、料理が得意なけんさんを始めとするboysが朝、肉じゃがを作って、代表的な日本料理として味わってもらいました。肉じゃがも高評価だったみたいで、嬉しいでするんるん

Home Science Collegeでは、実際に体験することで、よりインドの文化を知ることができました。
学生さんたちとも交流ができて、日本の料理はどんなものなの?日本の結婚式はどういうふうに行われるの?と聞かれたりして、自国の文化をもっともっと知っていかなくてはと思った瞬間でしたあせあせ(飛び散る汗)
私たちは自分たちが思っている以上に日本の文化について知らないのだと思い知らされた1週間でもありました。
そして、インドの文化はさらに奥深く、興味深いものだとも改めて思いました。
体験するというのは文化を知るのに一番簡単で分かりやすい方法ですね晴れ
 百聞一見に如かず!!
posted by 日大国際留学生 at 02:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。